スパイン

| コメント(6) | トラックバック(0)
ものすごく久しぶりの更新!

ロッドは全く弄ってません。塗料ももう風邪ひいてるだろうし 中途半端は嫌なので中断中です。
もう見てくれている人いないかな?(笑)

スパインについてちょっと質問をもらったんで せっかくなのでまとめておこうかと思います。
あくまでもあたしの私感ということですのでご理解のほど。

スパインとは
ロッドの曲がりにくい部分 ブランクの背骨のように通っている固い部分のこと。
ブランクによってわかりづらいものもありますが 曲げてみればほとんどがわかります。
ティップからバットまで同じ線上にあるのは珍しく だいたいがちょっと捻れています。
スパインのある側と180度反対側は固く その90度左右は柔らかいのが通常です。

ガイドはどこにつけるのか
某メーカーとか某店とかでは スパインのうえにガイドをつけると書いているそうですが
あたしなら そっと横をむいて笑います。
ロッドの種類別にその理由を書いてみます。

☆フライロッド
きれいなループはスムーズなベンディングから生まれます。
前後にぶれなくスムーズにロッドが曲がらないと 捻れたようなループになり大幅に飛距離が落ちます。
柔らかい面にガイドをつけると 反発力は落ちますが、ロッドが素直に曲がりたるみのないきれいなループが出やすいです。
スパインの固い面が左右からロッドの捻れを防止しているからですね。これは非常に重要です。
まれにリールを横に向けてロッドを振るひともいますが 個人的にはあまり好ましくないと思います。
ただしトーナメントキャスト(ディスタンス)などで 最後のシュートにめいっぱい力を入れるときだけ リールを横に向けて スパインの固い面を曲げ込んでぶっ飛ばす というのはアリかもしれませんが。

以上のことを踏まえて 柔らかい面でキャストするために1番手堅めのブランクを選ぶ というのがベストの選択です。これはガチ。

☆スピニングロッド
ガイドは下向きなんで 魚がかかってからファイトする際にロッドは捻れにくいので キャスト時だけ考えればいいと思います。
バック>フォアとスナップを効かせてスイングする際 問題はフォアキャストですね。
このときガイドの特性でブランクから離れた高い位置にラインがあるため スパイン上にガイドがあるとちょっと捻れ始めると一気にブランクをひねる(ねじる)方向にいってしまいます。ぐりんって感じの嫌な感触が手にくることないですか?
2ピースであればバットガイドはスパイン上 ティップはスパイン90度横という事も可能ですが 1ピースの場合は90度横の柔らかい面にしておく方が無難でしょう。
マグロ用などの固くてぶっといロッドは 捻れることはないかもしれませんので例外とします。というかマグロは釣ったことがないのでわからんし(笑)

☆ベイトロッド
これが一番めんどくさいかもしれません。
・キャスト
キャスト時にはリールが横を向くので スパイン上ににガイドをつけたら キャストは柔らかい面を使うことになるのでいいと思います。キャスト優先ならスパイン上にガイド、でしょう
・ファイト
ガイドが上にくるので ただでさえロッドは捻れやすくなります。
魚が左右に走った際にスパイン上にガイドがあると ロッドが簡単に捻れるのはわかると思います。
もちろんロッドワークで回避はできますが 大物がかかるとどたばたとしたファイトになりやすいですね。オフショアの場合はそのネジレでロッドが折れることもあります。
キャストしない餌用のロッドはスパイン上にガイドをつけるメリットは何もないので 柔らかい面でいいと思います。
なお ソリッドは99%折れることはないので どこにつけても関係ないです。

以上 総合的に見て ガイドをスパイン上につけるメリットはほとんど見られません。
ですので あたしはすべてのロッドで ガイドをスパインの90度横の柔らかい面にセッティングしています。

こういうところにこだわり始めると 市販のロッドは使えなくなります(笑)
カタログスペックとか開発者の能書きとかどうでも良くなって 自分が納得して使えるかどうか こだわるのはその一点のみになるんですよね。泥沼の始まりです。

あくまでも私感ですが 参考になれば幸甚です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hanazonohifuku.com/mt/mt-tb.cgi/400

コメント(6)

スパイラルガイドのときはどんな感じなんでしょ?

と、つぶやいてみました。

スパイラルはバットとティップのガイドが柔らかい面に乗ればいいと思います。
と、マジレスしてみました。

こんばんは
ちょっと勉強になりました。
たまーーーーに見てますので今後も更新よろしくお願いします(笑)

あら?見てたのね?(笑)

また気が向くまでは放置になると思いますので あまり期待はせず
のんびりとお待ちくだされ。

おじゃまします!(。・ω・)ノ゙

こんな放置ブログにようこそ(笑)

なんか復活はもうなさそうな気配になって参りましたな。

コメントする

このブログ記事について

このページは、tetsujinが2010年7月16日 19:17に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「手が遅いにもほどがある?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

  

 

     
   








.

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ